さつませんだいよもすがら

 薩摩川内市から「身の回りの出来事」と「社会や地域の関心事」を中心に、
 日々の暮らしの中から仕事(陶芸)や趣味(園芸や歴史)のことなどを織り交ぜて発信してまいります。
「春の小川」復活ならずか?ー国立競技場建設の一側面
0

    JUGEMテーマ:東京オリンピック(2020年開催)

     東京オリンピックを控て新国立競技場が早々に完成したことを皆さんと共に喜びたいと思います。

     

     ただ、いろいろあった競技場問題ですが、採用された設計者の構想に「杜の中の競技場」というコンセプトで「春の小川の復活」が語られていました。競技場の近くを流れ、昔童謡「春の小川」にうたわれた隠田川、前のオリンピックで暗渠(あんきょ、地下水路)化されてしまった隠田川を復活させ地上に川の流れを取り戻すと提案されていました。

     この件については、このブログ(さつませんだいよもすがら)に別に「隠田川の復活ー新国立競技場建設の一側面」というテーマで詳しく投稿してあります。

     その内容は次のURLをクリックすればご覧いただけます。 http://blog-kurage.jugem.jp/?eid=31

     

     これこそ50年間(2つのオリンピックの間)の日本の社会の変化、違いを表す素晴らしい話だと思い期待を持っていましたが、今だに出来たという話はなく、これからだという話も聞こえてきません。この件は建設工事の中でスルーされたのではないかなと心配しています。それであれば非常に残念なことだと思います。情報があれば教えてほしいと思っています。

     

    | 社会 | 12:04 | comments(0) | - |
    川内大綱引きの大綱の練り方は左綯(な)い・・その訳は?
    0

      JUGEMテーマ:まちづくり

       私どもは薩摩川内市において小さな陶芸工房を営んでいます。最近その作品の1つとして薩摩川内市ご当地キャラ「西郷つん」のオブジェを陶器で作ろうとしたとき、つんのリードの首輪は川内大綱引きの綱をイメージしたものと説明を受け、考えた大綱の練りについて申し述べてみたいと思います。

       

       ★普段私たちが使う縄は「右ない」右上がりです。

      (右ない・・縄を水平にしてみた場合練りの線が右上がりになる。右利きの人が手で縄をなえば普通こうなり

       ます。)

       

       ★川内大綱引きの綱は「左ない」右下がりです。

      (左ない・・同じく練りの線が右下がりになります。)

       

       これはなぜなんだろうと考えた時、最初、大綱の材料の稲わらでできた荒縄は「右ない」であり、それを束ねた3つの束を練って作ることから、丈夫で締まった綱を作るため荒縄が緩まない方へ練る「技術的問題」だろうと思いましたが、ある方から「大綱はしめ縄の練りと同じにしているのだ」と説明を受けました。確かに、しめ縄の写真を見ると「右下がり」のようです。そういえば大綱引きは神事から始まることを考えるとそうなんだろうと思いました。

       意図してそうなったのか、結果としてそうなったのかもう一つ分かりません。この件に関し更に詳しい方がいらっしゃれば説明願えないかと思う次第です。

       下の写真、大綱は練りの線が右下がり、一本一本の荒縄は右上がりだということが分かります。

        

      | 地域 | 14:51 | comments(0) | - |
      国民性の違い・・諺(ことわざ)にはっきり出ている。
      0

        JUGEMテーマ:社会の出来事

         某国の諺に「泣く子は餅が一つ多くもらえる」がある。これに類する日本の諺は「泣く子と地頭には勝てぬ」である。

         まずこの2つの諺の主語が違うことに気づく。某国は「泣く子」が主語であり、日本は「泣く子の周りの人」である。

         某国の場合、泣けば餅がもらえる。具体的利益があると言っている。

         最近の報道の中で某国の政府や一部国民が、いろんな事例で1の事を100の事かのように騒ぎ立てたり、事件事故の被害者等が泣き叫ぶ様子を見ると、この諺が頭を過ぎる。

         

         次に「溺れる犬は棒でたたけ」というのがある。これに類する日本の諺は「窮鳥懐に入れば猟師これを殺さず」となるのだろうか?

         下手に手を出すと、助けようとすると自分も巻き込まれるぞという戒めだと聞く。

         某国の歴代大統領の末路しかり、力を失ったり、失敗をした人に対する社会の異常なまでの攻撃や糾弾の様子を見るにつけこの諺を思い出す。何故ほっとくだけでなくたたく必要があるのか日本人には理解できない。

         

         日本に住み日本のテレビによく出演している某国人解説者が「某国人は出会ったとき相手より深く頭を下げない。相手より深く頭を下げることは相手を自分より上位だと認めることになる」と話していた。

         日本には「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という句ある。これを座右の銘とする人も少なくない。「稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振舞うものだ」という意味である。小人物ほど尊大に振舞うって‥あの人のことかと思ってしまう。

         

         「泣く子と地頭」にしろ、「窮鳥懐に」にしろ、「実るほど頭を垂れる」にしろ私たちの心にストンと落ちる。「ああ! 自分は日本人なんだ!!」という思いを深くする。「泣く子は餅」、「溺れる犬」、「頭を深く下げない」を聞くと何なんだこの人たちと思ってしまう。

         

         以上の3点からだけでも某国人と日本人は、考え、心情、言動を異にする国民性の全く違った民族であることが分かる。政治家を中心として某国に日本人的な考えで接してきた多くの過去の事例が如何に彼らに日本や日本人に対する間違った概念や言動を生んできたかと危惧している。

         某国と関係する人に訴えたい。相手をよく知って対応してほしい。価値観が同じでないと「思いやりや誠意」は通じない、まして「思いやりや誠意」には「思いやりや誠意』が返ってくると期待してはいけないようである。「○○に配慮して△△」というやり方も気を付けなければならない。「〇〇を持ち出せば日本人は配慮する」と彼らの目には映るのではないか。日本人の常識は通用しない。

         日本人的甘い考えによる言動は、これまでそうであったように、意図した目的からかけ離れ彼らに都合よく記憶され、次の交渉のいい材料、両国間に問題が生じた時のカードとして利用されかねない。

         彼らは日本人の態度が「甘くなるもの」、「弱くなるもの」、「委縮するもの」、「卑屈になるもの]はなにか、そこに重大な関心をもって見ている。

         令和の新時代を迎えた日本、戦後の70年の過去を反省し(それこそ過去の歴史を反省し)、将来に禍根を残さないよう事実の積み重ねのみで対処すべきと考える。

         

         

         

         

         

         

        | 国際 | 02:50 | comments(0) | - |
        ゆるキャラグランプリ・・西郷つんの再挑戦!!
        0

          JUGEMテーマ:まちづくり

           

          ゆるキャラグランプリの投票が始まっています。

          「西郷つんに投票を!!」着ぐるみつんの呼びかけに呼応してオブジェつんも一生懸命投票をお願いしています。

           

          | 地域 | 16:18 | comments(0) | - |
          焼き締めの茶香炉
          0

            JUGEMテーマ:陶芸

             陶芸工房海月の作品の内、皆さまに好評で制作数の最も多い作品は「焼き締めの茶香炉」です。

             

             「あなたのお部屋をお茶やハーブの香りで安らぎの空間に!」

             皆さんも陶芸工房海月が自信をもってお勧めする「焼き締めの茶香炉」を1つ如何でしょうか。

            | 陶芸 | 15:39 | comments(0) | - |
            我が住むまち・・寺山より薩摩川内市の中心部を望む
            0

               摩川内市の中心部の東にある寺山、頂上付近には「寺山いこいの広場「」や」「少年自然の家」などが整備されている。その頂上付近から見える中心市街地や川内川、周りの山並みの様子をの写真で紹介する。

               

               

              | 地域 | 14:14 | comments(0) | - |
              「陶芸工房海月ネットショップ」がオープンしました。
              0

                JUGEMテーマ:陶芸

                 元スマップの「香取慎吾」さんがCM出演しているネットショップカート「BASE」を使って「陶芸工房海月ネットショップ」が開店しました。併せてホームページ「陶芸工房海月」からもネットショップにアクセスできるようにしました。

                  http://tougei-kurage.ciao.jp/?page_id=1679

                | ネット利用 | 00:29 | comments(0) | - |
                カーリング試合のテレビ放送について
                0

                   ピョンチャンオリンピックも閉会式を迎えました。競技が行われた間日本人選手の活躍に胸躍る日々でした。

                   その中にあって、終盤、カーリング女子選手は銅メダルを獲得することができました。彼女らの試合に臨む真剣な姿と共に女子会のレクレーション的雰囲気もあり楽しいものがありました。銅メダルを契機に今後の活躍を大いに期待したいと思います。

                   

                   ただ、試合のテレビ中継放送ですが、サークルを真上から写しアナウンサーと解説者が「1のストーンは…」とか「2のストーンは…」とか二人の声が聞こえてきます。

                   一方、カーリングは素人目には選手の行おうとする次の行為の意図が分かりにくい面があります。

                   そこで考えたのですが、日本のテレビ放送には別の世界に競技の状況や内容をうまく解説する方法があります。「将棋」や「囲碁」です。アナウンサーと解説者が模擬版の前で対局を再現し今の手の意味や対局の情勢等を説明します。良い方法だなと思います。

                   カーリングもこれをやったら素人ももっと楽しめるし理解も深まり、カーリング人気も高まるのではないかと思いました。それをやってる時間がないのでしょうか。関係者の皆さんご検討を!!

                   

                  | 社会 | 11:43 | comments(0) | - |
                  ニガタケのタケノコ・・苦い物と美味しい物の違いは?
                  0

                     

                    「ニガタケ」とは方言で、そのタケノコが苦くて食べられないことに由来していることは容易に推測できる。

                     鹿児島県本土の野山や河原に生息しているニガタケの主たる種はこの食べられない「メダケ」である。

                     ところが姿形が同じで一見して見分けがつかない同じメダケ属の竹(分類学的には笹)に「リュウキュウチク」と「カンザンチク」があり、これらのタケノコは食べられしかも美味しいということである。

                     「リュウキュウチク」は南西諸島にひろく分布している。「カンザンチク」は鹿児島で「ダイミョウダケ」又は「デメダケ」と呼ばれ美味しさは最高クラスとのことである。

                     種子島では「リュウキュウチク」「ダイミョウダケ」両方あるという情報を聞いた。三島村では「大名ダケ」という名のタケノコが収穫され本土に向けて販売されているということである。

                     タケノコが苦くて食べられないことから付いた名であるが、姿形が似ている「リュウキュウチク」や「カンザンチク」まで含め「ニガタケ」と呼ばれるようになったようである。

                     写真は我が家の近くに繁るメダケ,タケノコが苦い本物のニガタケ「メダケ」である。どんな苦みか試しにタケノコの柔らかいところをかじってみた。

                     「なるほど!苦い!」 この苦味を表現するのは難しいが「山菜とならない植物の若葉が持っている苦さそのもの」とここでは表現しておきたい。

                     

                     

                     

                    | 故郷 | 15:41 | comments(0) | - |
                    「焼き締めの茶香炉」・・ふるさと納税返礼品に
                    0

                      JUGEMテーマ:陶芸

                       陶芸工房海月の「焼き締めの茶香炉」が9月に薩摩川内市ふるさと納税返礼品の1つに登録されました。

                       早速神奈川県から注文があり搬送しました。

                       返礼品として、特産品の美味しい食べ物もいいですが、ふるさと納税の記念として、あなたのお部屋に癒しと安らぎをもたらし、かつオブジェとしても可愛い「焼き締めの茶香炉」はいかがですか。

                       写真は陶芸工房海月の「焼き締めの茶香炉](ネット販売価格3,800円)です。

                       

                       

                      | 陶芸 | 15:03 | comments(0) | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ